太陽印刷 印刷NOW!
» 2012 » 9月
インターンシップ-秋田公立美術工芸短期大学
2012/09/24 14:44

平成24年8月20日~24日 (5日間)
秋田公立美術工芸短期大学のインターンシップ事業で
産業デザイン学科1年の学生がプリプレス課で就業体験をしました。
会社内部の見学をした後、名刺や年賀状等の作成を実際の工程で体験してもらいました。
5日間の短い間でしたがこの体験が今後の就職活動の参考になれば幸いです。

本人のコメント
自分がデザインしたものが形になる喜びを感じながら、新しいことを学ぶことに集中できた5日間でした。インターンシップをお受けくださった太陽印刷さん、また、わかりやすく丁寧に指導してくださった担当者の方に大変感謝しております。
本当にありがとうございました。


CATEGORY:

PS現像廃液削減装置の設置!
2012/09/13 16:59

弊社では、印刷機械用の版材にアルミのPS版と言う物を使用しています
この版を現像する時にアルカリ性の液を使用していますが
処理後の廃液を専門の産業廃棄物処理業者へ依頼し処理してきました
今回この廃液を削減する装置を購入設置しました

製品の概要はこちら→FFGS

これは現像液を約八分の一に削減するもので
経費削減に期待しています



がんばってます!

 

 

昔の話ですが、写真用フィルムの現像と定着では
定着に銀が含まれるのですがこれを買い取ってもらうことが出来ました
フイルムも銀を含むので買い取ってもらえました。
一時期この銀を回収する装置を印刷会社で設置すべく
製品を販売していた時期もありましたが、
今ではどちらも費用をかけて処理業者に処分を依頼しています。
手間と銀の価格を比べると
昔のように買い取る事が出来なくなったようです。
これも時代の流れですね。



資源ゴミの処分
2012/09/13 16:59

久しぶりに資源ゴミの処分に行ってきました
私たちの会社ではゴミを分別し処分の経費を削減すると共に
リサイクルにも役立つよう工夫をしています

毎日出るゴミの中でもわずかですが買い取って頂けるものもあり
無駄に捨てたり経費をかけて処分するのとでは大きな差が出ます
どうしても費用をかけて処分しなければならない産業廃棄物は

正しく処理し業者に引き渡す必要があります
また、個人情報の漏洩にも配慮しなくてはなりません


これまで分類したものは約10項目です

負担が大きい物から順に
インク缶やウエスなどの産業廃棄物
現像や定着の廃液
不要になったPC類
事業系一般ゴミ(シュレッダー含む)
こでん(小型家電)
トナー等プリンタ消耗品
ペットボトル、鉄缶、アルミ缶、
紙ゴミ(シュレッダー除く)
大型鉄
PS版(アルミ)
となっています
トナー等を境に無料から買い取ってもらえる物になります
意外とあなどれないのがジュースのアルミ缶です
ペットボトルや一斗缶は車一杯持って行っても金額的には
そんなに期待できません
またPCの廃棄は意外と費用がかかるものですが
探すとタダで受け取ってくれる所があります
(廃棄する時はハードデスクを取り外しています)
問題はモニタです、特に大型のCRTは中々引き取ってくれませんが
個人でやってる業者さんで引き取っていただける所があり
たまにお願いしています

今回は一斗缶が増えたので近くの
グリーンステーションさんへ搬入しました

一斗缶は中を空にして(次回は蓋を外して下さいとのこと)
空き缶をアルミと鉄に分けて、ペットボトルはラベルを取り払って
持ち込みました
アルミ缶が一番高値でした

以前の経験では電源コード類もけっこう高値で引き取ってくれたように思います

ペットボトルはラベルをはいで



アルミ缶と鉄缶は分けてます




グリーンステーションはこちらです
電話番号853-4229

買い取ってもらった内容は明細書に
分類別に記入されて金額が表示されてきますので
やりがいがあります


その他にも産業廃棄物を減らす工夫をしています
その一例として今回PS版現像廃液を減らす機器を設置しました
記事を別項目で作成しましたのでこちらもご覧下さい。



2017年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930