太陽印刷 印刷NOW!
» プリプレスからのニュース
「和綴じ製本講習会」へ参加して
2012/04/04 00:57

2月9日(木)午後1時~4時30分の3時間半
赤れんが郷土館の講座「昔ながらの和綴じ製本講座会」に参加してきました。
会場は大町の赤れんが郷土館。講師は民俗研究者の「齊藤壽胤(じゅいん)」先生です。


今回の「和綴じ製本」では前回HPでも紹介した「自分史を手作り製本に」とは違った手法を学びました。

「和綴じ製本」は表紙に和紙を使用し、本紙には半紙を何枚か重ね折りしたもので作り上げます。さらに表紙は本紙より大きめにとり内側に巻き込み、角四隅を目打ちで角とりすることで成形します。


▲本紙の背上下両端に赤と黄緑の「角裂れ(かどぎれ)」を貼ることで、本紙部分にアクセントをつけながら、丈夫にする役割がある。






今回の本の綴じ方は初挑戦の「四ツ目綴じ」。
四ツ目綴じとは表紙と本紙を重ね四か所に目打ちでとじ穴をあけて麻糸で綴じる作業です。

四つの穴を均一に空ける「目打ち作業」と「麻糸で綴じる作業」はどちらも力加減が難しく、集中力が必要。糸が絡まないように細心の注意をはらいながら綴じていきました。
麻糸の最後の処理は「なめ綴じ(舐める)」と「コブ綴じ(コブを作る)」がありますが、今回はなめ綴じで本紙の中間にはさみ込みました。

そして最後に題箋紙(本のタイトルを書くところ)を左上に貼り完成!!

今回の「和綴じ製本」は糊づけを最小限にすることで、糊を好む虫の対策ができ、長期保存に適しているというメリットがあります。昔の人はこのような工夫をして後世に文化や歴史を残してきたのだと改めて知恵の深さを感じさせられました。

出来上がりを見て思ったことは、ちょっといびつだったりと反省点も幾つかありますが、それもまた「手作り感」があり、和紙と半紙と麻糸だけで作った本は「美しさ」も感じとれました。

受講後、先生とお話をする機会があり「帙」(チツ:和本がぼさぼさに痛んだり、組本が散らばったりしないように保存するケース)を見せていただき大変感動しました。次の機会には「帙」も挑戦してみたいと思います。

全体を通して作業の途中何度かハプニングや失敗があり、そばにきた壽胤先生と目を合わせて苦笑い。そして年代もバラバラな受講生でしたが次第に言葉をかわすようにな り、お互い作業を確認し合うなど楽しいひとときでした。






「本格的な洋式製本講座」へ参加して
2012/03/24 11:55

「本格的な洋式製本講座」
日時:平成24年2月24日(金)10:00~16:00
場所:赤れんが郷土館
講師:国際教養大学地域研究環境センター 斉藤壽胤先生


先日、赤れんが郷土館で行われた「本格的な洋式製本講座」に参加してきました。
当社では、昨年から手製本に挑戦しているのですが、こちらの講座に参加したことで素材や作り方でいろいろと新しい発見があったので、ご紹介させていただきたいと思います。

★「背」について
今回、作ったのは「丸背」です。
「丸背」は、百科辞典などでも用いられる本格的な手法で、厚手の本でも開きやすいという特徴があります。(糸かがりは時間がないので省略されました)
「角背」は、当社の講習会でも経験していますが、「丸背」は初めてでした。
B6サイズに折った紙を仮止めして、手作業で背に丸みをつけ、糊を浸透しやすくするため丸みを付けた背を指で広げました。
意外と力作業で、仮止めをきっちりしていないと形がくずれてしまうので大変でした。





★糊の作り方について
当社で講習会を開いたときも糊の扱いには、大変苦労しました。
こちらの講座で先生に伝授していただいた作り方をご紹介したいと思います。
1)ボンド大和糊を1:1の割合で容器に取り出します。
2)ダマが無くなるまで、刷毛でよく混ぜます。
3)少しずつ水を足し、刷毛を上に持ち上げると糸がひくようになるまで薄めます。
(かなりサラサラの状態になるまで薄めました。)
この糊は、空き瓶などに入れ、さらにラップをかけ密閉状態にすると長期保存が可能になるそうなので、今後参考にさせていただきます。

★寒冷紗(かんれいしゃ)について
寒冷紗は、農業で使われる網状の布で本来は、虫除けや遮光目的のため使われています。
こちらの講座では背を補強するために使用しましたが、寒冷紗がない場合は半紙ガーゼを糊(上記の)で貼っただけで代用できます。

★花布(はなぎれ)について
こちらも補強のための素材なのですが、余った布切れ水引き(のし袋などに使っている飾りのひも)を巻付けたものでも代用が可能です。

最後に…
途中、しおりを付け忘れるというハプニングもありましたが、愛着のある一冊が完成しました。
どの作業もちょっとした工夫で仕上がりが変わってくるので、これからも試行錯誤を重ねて完成度を高めていけたらと思います。
また、今回こちらの講座に参加して受講者の方の多さに驚きました。
大変人気の講座で、リピーターも多いようで改めて手製本への関心の高さを実感しました。
ご指導いただいた斉藤壽胤先生、お世話になった赤れんが郷土館の職員の皆様、ありがとうございました。






自分史を手作り製本に
2011/12/27 13:09

先日、お客さまから「親戚縁者を含めた次世代の人たちに、亡父の面影を残しておきたい」という思いから自分史を作りたいというご相談がありました。そこで通常の印刷をし納品しましたが、「記念に残したいものだからこそもっといいものが出来ないか?」と考え、さらに上製本を作らせて頂きました。(※以前、弊社ホームページで紹介した「手作り製本」)

上製本は手製本なので量産はできませんが、仕上がりは丈夫で質感があり長期保存したい「記念の一冊」などにはぴったりの手法です。たくさんの方に上製本の素晴らしさを知っていただきたく、今回の作例をご紹介いたします。

★手製本完成までのご紹介★

前回手作り製本講習会ではA5サイズでしたが、今回はA4サイズでの挑戦です。
今回は八つの穴を開けることによって開きやすく丈夫にしました。
そして糸かがりをし、花布(はなぎれ)、しおりのひもを付けます。



次に台紙を作り表紙にプリントしました。



次に、板紙(ボール紙)を表紙の裏側に貼り、見返しを付けました。
今回は薄めのボール紙に変えて、ボンド+糊+水=1:1:1の割合で、板紙に素早く塗る→台紙に貼る→ドライヤーで乾かす。このドライヤーで乾かす作業が今回の重要ポイントの一つでした。台紙に貼りあわせるとしなりがでてきてしまい、すぐ乾かすことで比較的まっすぐな状態にもどすことができ、前回の問題点をクリアしました。




そして下に紙を敷いて上から竹の指輪でこすって表紙をくるみます。
「竹の指輪」前回にはなかった新アイテムです。

seihon01


次に本文の位置を決め、見返し以外にも糊がはみでてもいいように見返しと本文の間に紙をはさみ、溝・寒冷紗・見返しに素早くボンドを塗り表紙と張り合わせました。




水を含んだ糊を使用して貼り合わせている為、見返しと本文の間にはさんだ紙を水分が下に浸透しないようにクッキングペーパに交換し、前回の問題点となった本文に水分が含んでしまいしわができるという問題点を解決しました。


最後に手作り製本機にはさめて重石を乗せて待つこと1日・・・



完成!!



上記の画像が上製本での記念史。
下記の画像は並製本で作った記念史です。

 

拡大写真です、向かって右が上製本、左が無線綴じ(並製本)です


講習会で経験したことによって糊の割合、シワやヨレを寸法など細かい修正を加えた上で、出来上がりを目で見て手に取ってみると、中身は同じ印刷物ですが糸かがりとじをしたことによってより丈夫さとボール紙を張り合わせたレザック表紙の重厚さが感じられ、上製本ならではの仕上がりになったと思います。まさに思い出に残して置きたい二つ目の本が出来たのではないかと思います。またより多くの皆様に上製本の良さを知っていただき大切に残したい「思い出の一冊」を手がけるお手伝いになればと思います。



手づくりクリスマスカード in 西武秋田店「作品のご紹介」
2011/12/27 10:39

2011年12月10日(土)に西武秋田店こども服売場で
第1回目「手づくりしおり」
第2回目「手づくりうちわ」
にひきつづき第3回目の今回は「手づくりクリスマスカード」 を開催いたしました。

午前 11時〜午後4時の短い時間でしたが、
本当にたくさんのお客さまにご参加いただき、ありがとうございました。


♪ご参加いただいた方々の作品をご紹介いたします♪







 

こどもにプレゼントと一緒にカードを贈りたいとご参加いただいたお母さんもたくさんいらっしゃいました。残念ながら制作時間なく、ご自宅でぜひ作ってみたいとお持ち帰りいただいた方も楽しくお家で作っていただけたでしょうか?

今回もイベント開催にあたり児童館の先生方には「手づくりクリスマスカード」制作のアドバイスをたくさんいただき
大変参考になりました!本当にありがとうございました!!


♬ 次回「紙を利用した手づくりイベント」のときは当社のHPでもお知らせします。

そのときはまた遊びにきてくださいね ♬



手づくりクリスマスカード教室 in 西武秋田店
2011/12/09 16:32

クリスマスに家族や友達にメッセージを贈るクリスマスカードを手作りしてみませんか?
さまざまなパーツを組み合わせてオリジナルの飛び出すクリスマスカードがつくれます!
参加無料!
ぜひ遊びに来てください。


◆日時:2011年12月10日(土)
1回目 10:30〜12:00
2回目 13:00〜15:00
◆会場:西武秋田店 こども服売場 特設会場
◆対象:幼稚園から小学生まで


※写真は制作の一例です。



2 / 512345
2018年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930